<< メロン | main | エサ切り >>
リスク分散
お客様の池


今日は月管理で神戸のお客様の池に行ってきました。


先日SOSのお電話を頂いたんです。


内容としては観賞のためにエアーポンプを止めて再起動するのを忘れて翌日になってしまった


とのことでした。


水温が高く、密飼いで餌の量も多いという環境なので溶存酸素量が急激に下がってしまい


酸欠状態となってしまいました。


大きな鯉ほどエラの面積が大きいのでダメージも大きかったようです。


そこで今回、2台あるエアーポンプを池用と濾過槽用とに分けてさらにコンセントも別にして


池用をつけ忘れても半分は酸素供給されるように変更することを提案して採用されました。


停電の場合はどちらも止まってしまいますが人的なミスの場合は最悪の事態を防げるはずです。


機械関係は急な故障もありますのでリスク分散や予備を用意しておく等がオススメです。


今まで酸欠、水道水の塩素、薬の分量間違え、水を全て抜いてしまう等で


大きな失敗をされる事例をたくさん聞いてきました。


大きな失敗はできるだけ一人も経験して欲しくないです。


同じような内容となるかも知れませんがこれからも時々はリスクとなる様なことを


注意喚起していきたいと思いますm(_ _)m
カテゴリ:お宅訪問(^o^) | 18:56 | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://k-e51.net/trackback/5060
トラックバック